2017-10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

70~80年代へのタイムスリップ

ドラマ「ありふれた奇跡」を見てみた。
山田太一脚本のドラマを見るのは「不揃いの林檎たち」以来。
彼はメールという武器を手に入れたようだ。

これだけのブランクがあるにもかかわらず、すぐに馴染んでしまう
独特の間と台詞回し。

「本当の不幸は心に届くまでに時間がかかる」

なんとなく見えてきそうで見えてこない歯がゆさと戦いながら
最終回まで見てしまいそうです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tomomodel.blog1.fc2.com/tb.php/654-07f70a32

«  | HOME |  »

APPENDIX

ブースカ

ブースカ

ADMIN


Bloglinesに登録
Subscribe with livedoor Reader



FC2 BLOG











このサイト内ウェブ全体
この検索は「緑のgoo」を利用しています

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

BBS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。